理事長あいさつ

若者に「夢と希望」を提供し、
「社会から必要とされる人間を育てる」
それが関東工業自動車大学校のミッションです。

本学園は、自動車エンジニアとしての最新の技術と知識を身につけるだけの学校ではありません。どのような時代であっても「力強く生き抜く力」、すなわち「人間力」を身につける学校です。

今や、我が国の基幹産業である自動車産業は日本の最先端技術を活かす最前線にあり、技術革新は日進月歩で世界と競争をしています。その中で「自動運転」と「人口知能(AI)」によって全く異なった新しい交通社会が現れます。しかし、「国民の生命と安全を守る」ことができるのは自動運転や人口知能ではありません。それは自動車整備士なのです。

国家資格の取得は当然のことながら、いかなる社会変化にも対応し、生き抜く力を身につけることができるのは本学園以外にありません。

私は、全国自動車大学校協会会長を17年以上務め、国土交通省と共に国民の生命と安全を守り、我が国の将来を担う若者たちに、いかにしたら夢と希望を与えられるかということに最大の努力を傾注してまいりました。

自動運転と人口知能(AI)は若者たちにとってこの上ないチャンスです。このチャンスを逃してほしくはありません。

本学園で国家資格と生きる力を身につけて、国民の生命と安全を守るとともに、我が国の将来を担う若者たちになってほしいと心から願うものであります。

全国自動車大学校・整備専門学校協会 会長 関東工業自動車大学校 理事長 中川 裕之