親子2代で関東工大生

関東工大の親子鷹!

関東工業自動車大学校の親子鷹

関東工業自動車大学校OBの息子さんが2人揃って入学!
息子さんを母校に入学させたお父さんにインタビューしました。

お父さんは関東工業自動車大学校何年の卒業ですか?

46歳なので、28年前に関東工業自動車大学校を卒業しました。

28年前に関東工業自動車大学校に入学された理由を教えてください

父が整備工場を経営していまして父の後を継ぐつもりでした。なので自動車整備の学校に行くことは初めから決めていました。周りにいくつか自動車整備の専門学校があったのですが、その中でも関東工業自動車大学校は、自動車メーカーの学校ではないため、国内、海外含めて色々なクルマの勉強ができることと、学校の教育方針が良かったので決めました。

整備士になった当時と現在では技術的に整備技術は変っていますか?

昔は自分の勘に頼ってネジで調整したりとごまかしごまかし整備をしていましたが、今は新しい工具(コンピューターを含めた機器類)、それらを使いこなせる技術、資料(あらゆる車種のデーター)、そして新しい情報を持っていないとダメですね。しかし新しい情報についてはインターネットが普及していて即調べることが出来るので助かっています。特にうちはあらゆる車種を扱っていて病院で言えば開業医。そのすべてを兼ね備えていないと仕事は成り立ちません。  

整備をしていて一番楽しい時は?

今まで整備したことのない車種を色々試行錯誤のうえ、完璧に直した時は本当に嬉しいです。お客様に車が今まで以上に調子が良くなった、と言われた時ですね。

parentandchild02

整備業界の将来性についてどう思われますか?

うちは、整備と板金と両方やっているので休む暇なく本当に忙しいです。整備業界はどこも今忙しいですね。現在は車社会なので、車に代わる乗り物が出てこない限りこれからも仕事がなくなることはないと思います。車検整備などは価格競争もあり場合によっては大変になるかもしれません。ですが車体の技術は間違っても減ることはないと思います。これからは整備と車体。何でも出来ないとダメだと思います。

息子さんは2人共、「お父さんを尊敬している」と言っていましたが、今息子さんたちに望むことはありますか?

特に望むことはないですね。自分も父に細かいことを言われたことがなく好き放題にやらせてもらっていたので、息子たちにも自分の好きなことを自由にやらせています。自分が今伝えなければならないことは言いますが、仕事をするようになったら自分と同じ立場になるので、なるべく自由にのびのびと仕事をしてほしいと思っています。

parentandchild03

最後に、息子さん2人をなぜ関東工業自動車大学校に入学させたのですか?

関東工業自動車大学校を勧めたのは私です。やはり自分が卒業した母校ですので愛校心もあります。何より知っている学校は安心で頼りになりますから入学させました。これからよろしくお願い致します。

parentandchild05

【後記】インタビュー中ニコニコして、優しい人柄がにじみ出ているお父様でした。お父様を尊敬していて同じ道を進む2人の息子。親が子供を心から信頼し、子が親を心から尊敬している。久々に良い親子に触れ合って清々しい気持ちになりました。伊藤さんありがとうございました。

parentandchild04