ドローン・タクシー

教頭の加瀬でございます

 

ご存知ですか?

子供のころに夢見た「空飛ぶクルマ」が

現実のものになろうとしています。

 

オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には

空飛ぶクルマを出現させるべく

技術開発が急速に進んでいます。

 

海外では

「ドローン・タクシー」「エア・モビリティ」と

呼ばれています。

 

参考記事:最大のネックはバッテリー、Uberが目指す「空飛ぶタクシー」の課題(産経ニュース)