変わりつつあるタクシー業界。海外でも”時代の変化”

教頭の加瀬でございます

変わりつつあるタクシー業界。海外でも”時代の変化”

 

欧州のタクシー業界で特徴のある2か国といえば英国とドイツですね。

 

どちらもタクシー車両を生産したメーカーがタクシーの普及に一役買っているといいます。

 

英国は何といってもロンドンタクシーで有名なオースチンで、

後部座席の居住性と空間の確保が人気です。

 

ドイツはメルセデスベンツで耐久性抜群のディーゼル車開発が、功を奏したといわれています。

なんと100万キロも平気だそうです。

 

しかし、ロンドンタクシーの現況は、数年前から中国企業が生産供給

していて電気自動車化を図るといわれています。

 

何か時代の変化というか”さみしさ”も感じます。

自動運転や電気自動車をはじめ、様々なクルマの技術を学びながら様々な資格を取得。最終的に国家資格である自動車整備士の資格を取得します。自動車業界の職業はまずは学校の見学・進路相談・保護者説明会へ参加ください。お申込みはこちらのページから。