後席のシートベルトの着用率伸びず

教頭の加瀬でございます

後席のシートベルトの着用率伸びず

後席シートベルトの着用が義務化されて10年以上が経ちますが、

着用率があがってないといいます。

 

一般道におけるシートベルトの装着率は運転席の98.8に対し、

後席は38に留まり3人に2人はシートベルト非着用の状態です。

 

交通事故による致死率はシートベルト着用時に比べ、

非着用の場合は14.7倍にも拡大するそうです。

 

帰省など家族でクルマを利用する機会が増える季節は特に注意が必要ですね。

 

クリックしてお申込みページへ↓

自動運転や電気自動車をはじめ、様々なクルマの技術を学びながら様々な資格を取得。最終的に国家資格である自動車整備士の資格を取得します。自動車業界の職業は整備士だけではありません。公務員から開発まで様々な業種から選ぶことができます。まずは学校の見学・進路相談・保護者説明会へ参加ください。お申込みはこちらのページから。