未来の雇用

教頭の加瀬でございます

 

ご存知ですか?

オックスフォード大学准教授、

マイケル・A・オズボーン博士が発表した論文

「未来の雇用」副題(いかに仕事はコンピュータ化されていくのか)によると

 

なくならない仕事の第2位

「最前線のメカニック」が位置づけられています。

 

まさにコンピュータに代替されにくい仕事として評価されています。

 

ちなみに第1位はレクリエーションセラピスト(介護療法士)でした。

 

自動車整備士が将来にわたってなくならない仕事とは本当に安心ですね。

 

参考サイト:マイケル・A・オズボーン http://www.robots.ox.ac.uk/~mosb/