電動車(EV)や自動運転、五輪で活用。

教頭の加瀬でございます

電動車(EV)や自動運転、五輪で活用。

 

世界中で環境規制の強化が進み、電動車へのニーズが急速に高まっています。

 

開催まで1年を切った2020年の東京オリンピックでは、

トヨタが約3千台の電気自動車を大会向けに提供するといいます。

 

同時に選手村では自動運転EVで選手や関係者の

敷地内移動を支援する予定と発表されました。

そのほか1人乗り超小型EVや立ち乗りEVも登場するようです。

 

楽しみが増えますね。

 

クリックしてお申込みページへ↓

自動運転や電気自動車をはじめ、様々なクルマの技術を学びながら様々な資格を取得。最終的に国家資格である自動車整備士の資格を取得します。自動車業界の職業は整備士だけではありません。公務員から開発まで様々な業種から選ぶことができます。まずは学校の見学・進路相談・保護者説明会へ参加ください。お申込みはこちらのページから。