ジムカーナ走行会

本校の先生と卒業生が協力して実現!

第一回 ジムカーナ走行会 in 筑波サーキット

台風一過の2016年8月23日、筑波サーキットに関東工業自動車大学校の先生と生徒が集結。

筑波サーキットジムカーナ場を貸し切っての走行会が始まった。

ジムカーナとはパイロンで設定したコースを1台ずつ走行し、タイムを競うモータースポーツ。普段使っているクルマをそのままの状態で使うことができる手軽さと、S字や360度ターンなどがメインで、絶対速度も低く安全で車輌も傷つきにくい点も人気の理由だ。

ほぼ全員が初のジムカーナ走行で、慣れないうちはコースミスなどもあったが、すぐにコツをつかみタイムを縮めていった。

上級者はドリフトで迫力のある走りを披露。中でも圧巻だったのは協賛して頂いたチューンナップ会社「Ajito」で働く本校の卒業生。

狭いコースのほとんどをドリフトで走り抜け、ギャラリーを沸かせた。

お昼近くになり、学校見学会に参加していた高校生も合流。まずは、先生の運転するオートマ車に同乗してジムカーナコースを体験走行。

安全が確認できたため先生が助手席に乗り、高校生のジムカーナ走行会も開催。サーキットコースの運転体験に興奮を隠せない高校生たち。

しかも、特別イベントはそれだけで終わらない。

なんと卒業生がドライブするモンスターマシンの助手席に乗ってドリフト走行を体験。迫力の走りを間近に見ることができた。途中タイヤ交換の様子も興味深く見学していた高校生達。みんな自分の夢に向かって進んでいって欲しい。

タイムトライアル上位5人の表彰式と記念撮影で終了。

第二回の開催を約束して解散。在校生、先生、高校生、卒業生、全員が笑顔の一日だった。

IMG_5440-ANIMATION

The gallery was not found!

 

IMG_5541-ANIMATION