ITで効率化

教頭の加瀬でございます

 

ご存知ですか!

ITで効率化が進みます

 

JR東日本では

架線トラブルによる運休をなくすために、

電線に温度を測るセンサーを取り付け、

営業中の電車に作業員が乗り込み

スマホを使いデーターを収集、

交換の有無を判断するという。

 

今までは

作業員が線路を歩き

温度を測るカメラで確認していたそうで

今後の新型車両とセンサーによるハイテク化に期待が高まります。

 

学校見学・進路相談・保護者説明会のお申込みはこちらのページから。