既卒から関東工業自動車大学校に入学した平松君が、2016年春に卒業後、自動車のテクニカルライターとしての第一歩を歩んでいます。彼のインタビューをぜひご覧ください。

 

もう一度自分の将来のこと真剣に考えて進路を決めよう。大学を中退して関東工大へ。会社を退社して関東工大へ。なぜ関東工大に入学したのか彼らの本音を聞きました。

既卒で関東工業自動車大学校に入学した在校生に聞きました。

関東工業自動車大学の在学生の中で、
大学を中退して入学した人、一旦社会人になって会社を退社して入学した人、
それぞれの人にインタビューしました。

みなさん真剣に自分の将来のことを考え、
しっかりとした目標を持って勉強している様子と、笑顔で明るくハキハキと話す姿に、
自分への自信とカーメカニックとしての誇りが感じられました。

良い就職先が無いと悩んでいる大学生の皆さん、就職したものの将来が不安な社会人の方、
ここに紹介した在学生のインタビューが

ご自身の将来を考える参考になればと思います。 


大学を中退して関東工大に入学しました

一級自動車整備科
茂木 龍生くん

大学在学中にガソリンスタンドでバイトしてクルマに興味を持ちました。親が自動車関連の仕事をしていたこともあり、自動車の業界に進みたいと考え大学を辞めて関東工大に入学しました。他では経験できないこの学校ならではの実習授業が一番楽しいですね。将来は一級自動車整備士の国家資格を取って、話題の電気自動車の整備の仕事に就きたいと思っています。


他分野の専門学校から関東工大に入学しました

一級自動車整備科
我妻 政秀くん

医療の学校に行っていましたが、将来医療関係の仕事を続けられるか自分自身に問いただしてみました。やはり自分には好きな自動車関係の方が向いていると思い、この学校に入学しました。関東工大は有名なレースドライバーの人たちが特別講師になっていて、クルマ系の部活動も盛んなので、整備の基本だけではなくモータースポーツ系の技術や知識も学べるところがこの学校を選んだ理由です。先生に授業のわからないことや自分の趣味のクルマのことなど気軽に聞けるのがいいですね。将来はベンツなど外国車のディーラーの整備士になりたいと考えています。

在学中にドリフトの最高峰D1グランプリに参戦

2018年からメカニックサポートとしてD1グランプリに参戦している我妻くんたち在校生の活躍をご覧ください。関東工業自動車大学校ではTEAM TOYOTIRES DRIFTをはじめ、様々なモータースポーツチームと協力関係を結んでいます。あなたもプロの世界に触れてみませんか?


大学に入学したけど将来の仕事が想像できない。高校を卒業して就職したけど満足できる会社じゃない。やりたいと思うことがない。一人で悩まず一度相談してみてください。きっと将来が想像できるようになります。まずは相談から。関東工大はあなたをお待ちしています。

entry

TEL.048-596-3555 kic@nga.co.jp